生花店と生産者をつなぐ情報誌 蕾vol.26

こだわりの産地へ行こう!

第28号では、フレネットHIBIYAが輸入を行っているコロンビア産のカーネーションを特集。高品質を保つための、大規模農場ならでは工夫をご紹介します。

contents

◆Ready for Mother's day?! コロンビア産カーネーション
南米コロンビア・ボゴタは花大国!収穫後最速!圃場でSTS処理する農園収穫後のスピードが決め手What is …STS処理?
安定供給!自社で増殖を行う農園How to…増殖?おじさんが品質をお知らせカーネーションをボートで運ぶ?
カーネーション農園の動画【おまけ】メデジンのアジサイ農園

Ready for Mother's day?!
コロンビア産カーネーション

南米コロンビア・ボゴタは花大国!

標高(2640m)で日照りが強く、年間通して春のように穏やかですが一日の気温差が大きいコロンビアの首都ボゴタ。カーネーションを育てるのに最適な気候で、数多くの農園がボゴタ周辺にあります。
この環境のもとで、カーネーションは太陽をたっぷり浴びて育ちます。そのため頭が大きく、色も鮮やかで、とても丈夫。日本から遠い南米から輸入されても日持ちの心配はいりません。また、農園はインフラも整っていて、鮮度もしっかり管理されています。
カーネーション以外にも、バラ・アジサイ・マム・ユリなどたくさんの花がコロンビアで生産されています。

コロンビアといえばコーヒー豆!コーヒーの農園もこの地域にあります。
また、第2の首都メデジンからは通年と通してアジサイも輸入しています!

収穫後最速!!圃場でSTS処理する農園

カーネーションにとってエチレンガスは大敵! エチレンガスの抑制に力を入れている農場の工夫を紹介します

★収穫後のスピードが決め手

通常は集荷場でSTS処理をする農園が多い中、この農園では収穫後その場(圃場)でSTS処理を行ってから、集荷場へ運ぶことで高品質を保っています。

収穫後は束ねてSTS処理専用のバケツに入れてから運びます

★What is …STS処理?

バナナとリンゴを一緒に置いておくとバナナが真っ黒になります。これはリンゴから発生する、植物の熟成を進める老化物質エチレンガスの作用によるもの。カーネーションは他の品目に比べてもエチレンガスの感受性が高いと言われています。
このエチレンガスを抑えるのには「銀」が有効的。STSはチオ硫酸銀のことで、この水溶液に収穫後切り花を浸すことで植物が銀を取り込み鮮度を保ちます。

STSのSはSilver(銀)のこと。 現地コロンビアの農園ではSTSのことをスペイン語で銀を意味する「Plata(プラタ)」と呼んでいます。

安定供給!自社で増殖を行う農園

カーネーションは小さな苗を購入して育てますが、根出し・増殖を委託で行う農園が多い中、自社で全て行うことで、定番品種を安定供給にできるように努めています。 技術者や衛生的な施設が完備されていないと自社で行うことは非常に難しいと言われています。

小さな苗がきれいに並んでいます

How to…増殖?

自社で行っている増殖といわれる工程はABの2つ。細かい根気のいる作業を地道に繰り返すことで、品質のよい苗を育てています。

@苗を輸入
Mother plant といわれる小さな苗を輸入します。 (コロンビアではほぼ輸入品。ヨーロッパのものが多いそうです)

A根出し
ホルモン剤をつけて根出しします。

B増殖
定着した苗の新芽をカットし、Aを繰り返し増やしていきます。

C定植
ある程度大きくなった苗を圃場に移します。

スペイン語で「増殖」のことを、エスケヘス・デ・プランタ(Esquejes de planta!!)といいます

おじさんが品質をお知らせ

農園で働くスタッフのモチベーションを上げるためにそれぞれの担当エリアを厳しくチェック。看板で自分の担当エリアの状態の良悪が一目でわかるような工夫がされています。

Wonderful!!
品質良好のエリア看板のおじさんも嬉しそう!

So so…
品質向上が必要なエリア。看板のおじさんも悲しそう…

カーネーションをボートで運ぶ?

コロンビアは熱帯地方を中心に国土が広がっているため、一年中気温はあまり変化しないので、品質のよいカーネーションが育ちます。ただ、熱帯地方特有の雨季(4月〜7月,9月〜12月)には気温が下がり、山崩れ・洪水の自然災害もあります。

母の日期間前はちょうど雨季の季節!洪水が起きた時もこの道にボートを出し、出荷作業を留めることなく継続できる体制を整えています!

カーネーション農園の動画

カーネーション農園の様子は動画でもご覧いただけます。

動画はこちら

【おまけ】メデジンのアジサイ農園

コロンビアの第2の首都メデジンのアジサイ農園です。年間通してフレッシュなアジサイを出荷できます。


TOPへ戻る

◆バックナンバー◆

vol.28
■こだわりの産地に行こう!
コロンビア産カーネーション

vol.27
■こだわりの産地に行こう!
石田蘭園(高知県)
■南アフリカ産ケープフラワー始めました

石田蘭園 品種一覧

vol.26
■つながり上手な畑
山留坂花き生産組合・FreeZe(長崎県)
■IFEX2016 今年も出展しました
■ヴィクトリーブーケデザインコンテスト2016

vol.25
■差がつく!モテ産地
折原園芸(千葉県)
■日本の花を世界へ
〜假屋崎氏のいけばなイベント@上海

vol.24
■イクメン(育種×メンズ)に会いに行こう!
〜ROSE FARM KEIJI(滋賀県)
■作り手の想いをデザインする瞬間
■愛妻の日 チューリップを手に愛を叫ぶ
■南原農園×フレネットHIBIYA

ローズファームケイジ 品種一覧

vol.23
■こだわりの産地に行こう!
〜ポインセチア×市村花卉園(茨城県)
〜シクラメン×大栄花園(千葉県)
■長野県の花普及の取り組み
■SWEETS NEWS
〜くるみ菓子

vol.22
■こだわりの産地に行こう!
〜桜井園芸(茨城県)
■イチオシ資材
〜小松イ草
■ガーベラ交流会 in 千葉

vol.21
■こだわりの産地に行こう!
〜南紀グリーンハウス(三重県)
■Partner's Day〜花贈りの新提案
〜日頃の感謝はお花が最適!

vol.20
■こだわりの産地に行こう!
〜TOKIYAガーベラ
■フラワーショップレポート
〜花福(大阪市福島区)
■イチオシ資材
〜紙を越えた紙/teshio paper

vol.19
■こだわりの産地に行こう!
〜日南スイートピー
(西岡農園・JAはまゆう)
■フラワーショップレポート
〜HANA VILLA(宮崎県宮崎市)
■SWEETS NEWS
〜パティスリー ブランダジュール

vol.18
■こだわりの産地に行こう!
〜JA愛知みなみ
渥美スプレーマム出荷連合
■フラワーショップレポート
〜in Paris

vol.17
■こだわりの産地に行こう!
〜杜若園芸
■フラワーショップレポート
〜REN

vol.16
■こだわりの産地に行こう!
〜JAみなみ信州
■SWEETS NEWS
〜ヒビヤカダンスイーツ

vol.15
■こだわりの産地に行こう!
〜田向園芸・ミゾグチファーム・宮内ばら園
■SWEETS NEWS
〜麻布 青野 総本舗

vol.14
■こだわりの産地に行こう!
〜愛川園芸
■SWEETS NEWS
〜マネケン

vol.13
■こだわりの産地に行こう!
〜高橋広和×片桐花卉園
■SWEETS NEWS
〜マロニエ本店

vol.12
■こだわりの産地に行こう!
〜三和園×山田農園×三井花卉園
■SWEETS NEWS
〜ドイツ・マリエン薬局