生花店と生産者をつなぐ情報誌 蕾vol.26

こだわりの産地へ行こう!石田蘭園(高知県)

今回は親子でシンビジュームを生産する高知県の石田蘭園を訪れました。自ら「しんびすと」と名乗るほど、シンビへの愛情や研究を惜しまない様子やオリジナル品種をご紹介 ■フレネットHIBIYAでは南アフリカ産ケープフラワーの取扱いを始めました。個性的で魅力的な品種や、ケープフラワーだけで作ったリースのレシピ動画もあります。

contents

◆こだわりの産地へ行こう!石田蘭園(高知県)
シンビジュームとの出会いは運命!日本有数の隅っこ地域で作ってます親子でテーブルシンビに夢中です!花芽矯正ベルト!長さだけじゃない規格いろいろ揃ってますコンセプトは『調和の蘭花』
◆REPORT 南アフリカ産ケープフラワー始めました
ケープフラワーとは?Before After!ドライになってからも魅力的!ケープフラワーでリース作り

こだわりの産地へ行こう!
石田蘭園(高知県)

高知県宿毛市。1974年に創業してから、シンビ生産一筋!創業者の石田 力さんと二代目 隆博さんを中心に中小輪のテーブルシンビと和蘭を中心に生産されている石田蘭園さんを訪ねました。

シンビジュームとの出会いは運命!
日常的にどこでも飾れるテーブルシンビを開発(育種)
新しい可能性にチャレンジしています!

シンビとの出会いは、豊橋の新聞に掲載された小さな記事。見た瞬間に面白そうだ!と生産を開始。シンビジュームは中大輪が主流ですが、小輪系シンビジュームを育種しているところは、当時でもほとんどいませんでした。
最初は白とグリーンしかなかった小輪系ですが、ピンクが加わり、現在では年間約100品種が生産されています。

オリジナル品種 『森の精・のぞみ』 オリジナル品種 『森の精・のぞみ』
実は隆博さんの奥様のお名前から命名されています。愛を感じます!

日本有数の隅っこ地域で作ってます

高知県宿毛(すくも)市は、高知市から車で3時間もかかる四国の西南端。1年を通して温暖な気候と、大自然に囲まれています。

温暖とはいえ暑い夏場は、遠く離れた涼しい山へ、お引越“山上げ”を行います!その数はなんと約60,000鉢!

5月下旬から約2か月かけて、トラック24台分の大移動です!涼しい山で、きれいな花を咲かせる準備します。

親子でテーブルシンビに夢中です!

力さんは経験上から、交配・育種をするスペシャリスト!隆博さんが学生の頃から、色々な図鑑を見て良さそうな品種があると、お父さんに相談しましたが、もう知っていたり、すでに交配させていたりと、一歩先ゆく父の背中を見ながら育ちました。


二代目 石田 隆博さん 自ら『しんびすと』(シンビバカ)と名乗ってます!目指せシンビ博士!

!
父 石田 力さん お前の(育種した)変な色が人気あるぞ!と笑顔

お二人共に育種をされていますが、作りたいこだわりに、もちろん違いがあります。自分なりの好きな色や形を追い求めて、無限の可能性がある育種を楽しんでいるワクワク感が、石田蘭園のテーブルシンビジュームからも感じられるはずです!

花芽矯正ベルト!

山上げ農場に移してからほどなく、花芽が膨らんできます。花芽がある程度膨らんで発達し花芽がしっかりし始めてくると花芽矯正ベルトの登場です!
これを巻いておくと、花芽そして、茎が上方向に素直に伸びてくれるようになります。しかも、横に広がった葉ごと上げているので、株間の風通しが良くなったり、追肥の肥料もこぼれにくかったり、山下ろしの時に葉や花芽を傷めにくいことなど、良い面が多いので、一生懸命巻いていくそうです。
想像しただけでも、ひたすら巻き続けるのは気が遠くなる作業ですが、大切な花芽も折らないように丁寧に育てられています!

!
しっかりでていきた花芽。でも、やんちゃな方向を向いてしまうことも

!
このベルトをまけば、上向きに花茎を伸ばしていってくれ、葉も持ち上がって、すっきりします!

長さだけじゃない規格いろいろ揃ってます

切花は2年前から出荷を始めたばかりですが、小輪系のシンビジュームの国内生産量No.1!
とはいえ、切花として(生花店などに)、まだまだ認知度が低いのが現状です。
そこで長さの規格に加えて、アレンジ用には曲がりセレクト、ブーケ用には輪だけの使用を想定して、極端に短めのものなどを規格として取りいれています。
生花店では、お任せMIXも人気!どんな品種が入ってくるかはお楽しみですが、MIXの色などの内容指定にも対応していただけるので、ぜひバイヤーにご相談ください!

Mサイズがお薦めです Mサイズ(40〜50cmくらい)が、品種の取り揃え一番良いのでお薦めです!

規格ごとに整理され出荷を待ちます
規格ごとに整理され出荷を待ちます

コンセプトは『調和の蘭花』

時には主役に、時には引き立て役になれるような花をコンセプトに、かわいらしい洋蘭『テーブルシンビ』とわびさびの風情のある『和蘭』を中心に栽培されています。
幅広く、そして長く使用できるように様々な品種を取りそろえ、出荷時期は10月から4月末までと長く楽しんでいただけます。

●オリジナル品種 森の精シリーズ

森の精 プリンセス
森の精 プリンセス
花輪・中
名前にふさわしく気品のある白

森の精 うらら
森の精 うらら
花輪・小
甘すぎないピンク!

森の精 しゅしゅ
森の精 しゅしゅ
花輪・小
ほんのり淡いピンク

この他にもたくさんの品種があります

●石田親子と蕾編集者お薦め品種

スプリングソング
スプリングソング
花輪・小
石田さん親子お薦め!お二人とも同じ品種をお薦めにご指名!

夢たまご
夢たまご
花輪・中
東京営業所・池田のお薦め!咲き方が丸っこくかわいい

※時期によって色目が違う場合がございます。


※天候、時期により出荷量が少ない場合もございます。ご注文はお早めにお願いします。

TOPへ戻る

report
Just Started! 南アフリカ産ケープフラワーの取り扱い始めました

ケープフラワーとは?

南アフリカ共和国の南端、ケープ地方は固有の植物が多いことで有名で、ここに自生する植物のことをケープフラワー・ケープグリーンと呼んでいます。(オーストラリア産同様、ワイルドフラワーと呼ぶことも多いです)
代表的な植物はプロテア・ピンクッション・リューカデンドロン。その他数多くの個性的な植物があります。

農園の様子 セルリア

農園の様子 ピンクッション

農園の様子 ワックスフラワー

セルリア出荷の様子

ピンクッション出荷の様子

丁寧に箱詰めされて出荷します

ケープフラワーBefore After!! ドライになってからも魅力的!

一見個性的でちょっと使いにくそうなお花も中にはありますが、実はドライになるとフワッフワの花が咲いたり、松ぼっくりのようなかわいらしい形に変化したり、きれいな色のままドライになるものも。

●シルバートップ(リューカデンドロン)

before

after

●プルモーサム(リューカデンドロン)

before

after

ケープフラワーでリース作り

この時期のおすすめはケープフラワーでのリースづくり!ドライになるにつれて雰囲気が変化していくのをぜひお楽しみください!

●リース作りにおすすめの品種

ジェイドパール(リューカデンドロン)

ジュビリークラウン(リューカデンドロン)

シルバートップ(リューカデンドロン)

プラティスペルマム(リューカデンドロン)

プルモーサム(リューカデンドロン)

スタービア

ストーベ

スプレーブルニア

使用例◆リース 30cm
・ストーベ 8本
・プラティスペルマム 8本
・スタービア 8本
・プルモーサム 6本
・シルバートップ 6本

詳しい動画レシピはこちら


TOPへ戻る

◆バックナンバー◆

vol.27
■こだわりの産地に行こう!
石田蘭園(高知県)
■南アフリカ産ケープフラワー始めました

vol.26
■つながり上手な畑
山留坂花き生産組合・FreeZe(長崎県)
■IFEX2016 今年も出展しました
■ヴィクトリーブーケデザインコンテスト2016

vol.25
■差がつく!モテ産地
折原園芸(千葉県)
■日本の花を世界へ
〜假屋崎氏のいけばなイベント@上海

vol.24
■イクメン(育種×メンズ)に会いに行こう!
〜ROSE FARM KEIJI(滋賀県)
■作り手の想いをデザインする瞬間
■愛妻の日 チューリップを手に愛を叫ぶ
■南原農園×フレネットHIBIYA

ローズファームケイジ 品種一覧

vol.23
■こだわりの産地に行こう!
〜ポインセチア×市村花卉園(茨城県)
〜シクラメン×大栄花園(千葉県)
■長野県の花普及の取り組み
■SWEETS NEWS
〜くるみ菓子

vol.22
■こだわりの産地に行こう!
〜桜井園芸(茨城県)
■イチオシ資材
〜小松イ草
■ガーベラ交流会 in 千葉

vol.21
■こだわりの産地に行こう!
〜南紀グリーンハウス(三重県)
■Partner's Day〜花贈りの新提案
〜日頃の感謝はお花が最適!

vol.20
■こだわりの産地に行こう!
〜TOKIYAガーベラ
■フラワーショップレポート
〜花福(大阪市福島区)
■イチオシ資材
〜紙を越えた紙/teshio paper

vol.19
■こだわりの産地に行こう!
〜日南スイートピー
(西岡農園・JAはまゆう)
■フラワーショップレポート
〜HANA VILLA(宮崎県宮崎市)
■SWEETS NEWS
〜パティスリー ブランダジュール

vol.18
■こだわりの産地に行こう!
〜JA愛知みなみ
渥美スプレーマム出荷連合
■フラワーショップレポート
〜in Paris

vol.17
■こだわりの産地に行こう!
〜杜若園芸
■フラワーショップレポート
〜REN

vol.16
■こだわりの産地に行こう!
〜JAみなみ信州
■SWEETS NEWS
〜ヒビヤカダンスイーツ

vol.15
■こだわりの産地に行こう!
〜田向園芸・ミゾグチファーム・宮内ばら園
■SWEETS NEWS
〜麻布 青野 総本舗

vol.14
■こだわりの産地に行こう!
〜愛川園芸
■SWEETS NEWS
〜マネケン

vol.13
■こだわりの産地に行こう!
〜高橋広和×片桐花卉園
■SWEETS NEWS
〜マロニエ本店

vol.12
■こだわりの産地に行こう!
〜三和園×山田農園×三井花卉園
■SWEETS NEWS
〜ドイツ・マリエン薬局